あご煎餅

Last modified date

焼きあごの出汁をふんだんに使用した和風煎餅。
「あご」とは…長崎県の平戸のあたりから五島列島沖で獲れる飛魚のこと。
あごがおちるほど美味しいいうことからそう名付けれらたと言われていますが、だとするとネーミングがちょっと雑、笑
飛魚は捕獲が難しいこともあり、希少価値がとても高い魚です。

この、あご煎餅の白いつぶつぶはお米のパフです。
食べてみると魚の出汁がしっかりと利いていて、次々食べれる感じです。
煎餅とは言うけれどサクサクと食べれるビスケットって感じも感じました。
個人的には軽食にピッタリといった感じのお煎餅です。
お酒のお供にもいい感じだと思います。甘いものが苦手な方へのお土産には最適ですね。
それと個人的な感想ですがパッケージのデザインがかなり秀逸、かっこいい。

12枚入り 648円(税込)より~

製造メーカー: 九十九島せんぺい本舗