からしれんこんチップ

Last modified date

焼酎や馬刺しと並ぶ熊本名物・からし蓮根をそのままチップスにしたお菓子。

時はさかのぼること江戸時代。

熊本藩主であった細川忠利に加藤清正が蓮根の穴に辛子粉を混ぜた麦味噌を詰めて、麦粉・卵の黄身の衣をつけて油で揚げたものを忠利に献上したものが”からし蓮根”の始まりとされているようです。

それを薄くスライスしてさらに揚げたものがからしれんこんチップスのコンセプトですね!
当時からちょっと薄く切りすぎてしまうこともあっただろうし、もしかしたら江戸時代から似たようなものはあったのかもしれませんね。

とにかく!たけや製菓さんのこの”からしれんこんチップス”

罪なほどビールに合います。ビール好きな人へのお土産にはうってつけの一品です!

 

製造メーカー: たけや製菓