梅木屋のあくまき

Last modified date

「あくまき」とはもち米を灰汁に漬け込み抱き上げたもので、主に南九州において端午の節句に作られる季節の和菓子。
梅木屋のあくまきは、原材料の餅米に国内産の極上肥沃餅米を使用し、木灰汁は樫の木の灰からマイナスイオン水で抽出しているというこだわりぶり。厳選された原料を手作業で竹の皮に包み込む伝統的な技法で仕上げた一品。くず餅の様なプルンプルンの食感にシンプルだけど味わい深いお菓子です。

 

「あくまき」は、主に端午の節句で食べられる鹿児島県独特の餅菓子で、“ちまき”と呼ぶこともある。関ヶ原の戦いの際、薩摩の島津義弘が日持ちのする食糧として持参したのがはじまりだという説がある。保存性が高いことと、その腹持ちの良さから、薩摩にとって長く戦陣食として活用され、かの西郷隆盛も西南戦争で食べていたといわれる。こうした背景から、男子が強くたくましく育つようにという願いを込めて、端午の節句に食べられるようになったといわれている。
「あくまき」は、もち米を木や竹を燃やした灰からとった灰汁(あく)に浸した後、そのもち米を孟宗竹(もうそうちく)の皮で包んで、灰汁水で数時間煮込んでつくられる。灰汁に含まれるアルカリ性物質がもち米の繊維を柔らかくするとともに、雑菌の繁殖を抑え、長期保存ができるようになる。高温多湿で食糧が腐敗しやすい鹿児島県において、まさに先人の知恵がつまった料理である。
引用:農林水産省HPより

 

製造メーカー: 梅木屋